2005年09月11日

子ブタ保護?!

DSCF0091.JPG
ある初夏のある日、夫が職場の外で仕事をしていると、どこからか子猫らしき鳴き声が聞こえてくるというので、一緒に近くの植木を捜しに行った。しかし、見当たらず、そのときはあきらめて仕事に戻った。
夕方、夫が子猫を保護したと連絡があった。子猫は、2羽のカラスに狙われていたので、夫が見つけたときは、ひどく興奮していたらしい。わずか300gの身体なのに、大きな声と怖い顔つきで夫に向かって威嚇し続けていたため、なかなか捕まえることができなかったらしい。それでも、なんとか捕まえて連れて帰ってきた。
でも、まだ生まれて一ヶ月経つか経たないかの子猫だったので、自分でミルクが飲めなくて、スポイトであげてやっと飲めた。こんな小さい身体で一匹だけでよく生きていたなーと感心した。(しかも、カラス2羽を威嚇していたし…)こいつは、大物になりそうだ!
しかし、うちには、もう2匹も猫がいる!3匹も飼えないし、どうしようか…と思いながらも、とりあえず今日のところは家に連れて帰ろうとなった。
身体を洗ってちょっとはきれいになったが、これまたお世辞でも可愛いとはいえないかも…。よく見ると、鼻が顔の面積に比べて、デカイような…。ピンク色だし、なんだか子ブタさんみたい。でも、ちょっと愛着が湧いてきて、名前を考え始めた。なんだかんだと飼う気満々な私たち。2匹も3匹も一緒だーと勢いに任せてみた。
でも、そこには、大きな問題が待っていた。そう、うちには、ヤキモチやきで寂しがりやのレオンくんがいたのだ!
DSCF0008.AVI
案の定、その夜から少し様子がおかしく、次の日、朝からいろんな場所で吐きまくり…。きっと新しい子猫の登場でストレスだろう。みんながそう思った。
やはり、子猫は飼えないなーということで、職場のお客さんや知り合いの人に貰い手を捜してみた。でも、この子ブタさんのようなルックス!しかも、噛みグセがひどく、ちょっと生えかかった歯がささって痛いのなんの!さすがに貰い手は見つからない。
そうこうしているうちに2〜3日経って、レオンはちょっと慣れてきた様子。気がつくと、子猫をペロペロと舐めてあげているではないですか!しかも、子猫ちゃん、拾ってから1週間ほどウンチが出てなくて、綿棒などでつついて刺激していたけどダメ。病院へ連れて行こうかと思っていたら、ついに出ました!それも、レオンが子猫のお尻を舐めてあげていたからなのね。えらいぞ!レオン!それからも、2匹で仲良く舐めあい、寄り添って寝ている毎日。(ユズは只今、私の実家に出張中なので、ANに会うのは、しばらくあとになる。)とりあえず、よかった〜。

ニックネーム 猫チョップ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | AN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/65686

この記事へのトラックバック